グランドサークルをレンタカードライブ

アメリカでお得に海外レンタカーを予約!トラブルなく借りれるお勧めの会社

更新日:

 

海外レンタカーのレシート(費用明細)を記事最後で公開しています

僕たち夫婦はドライブ旅行が大好きです。どれくらい好きかって言うと、九州から東北も車で行けちゃいます。

飛行機で日本の離島へ行っても、大体そこからレンタカーで周ります。公共交通機関だと時間に合わせないといけないけど、気にしなくてよくなるし、重い荷物を運ばなくても良いから楽ちん♪

とは言っても、海外では慣れていないと気軽な交通手段ではないのは確か。交通ルールも違うし、欧州なんか左ハンドルのミッションがスタンダードだし、意外に情報少ないし、多めに請求されている人いるし。。。

そこで、トラブルなく安心して、お得に借りられるように、僕がいつもレンタカーを予約するときに行っているルーティンをシェアします。

今回は一番、レンタルする人が多いであろう、アメリカ(ハワイ含)を例にしてお伝えします。僕みたいに英語が苦手な人に、特にお勧めです。

 

トラブルの少ない海外レンタカー会社を選ぼう

 

海外レンタカーの情報をネットで検索すると、結構出てくるのが、レンタカー会社とのトラブル。

よく見るものとしては、

  • 予約した車と違う(アップグレードによる請求)
  • 状態が悪い車を提供された
  • 料金を二重に請求された(二重の任意保険請求)
  • 不要オプションの請求

といったものです。

僕が始めて海外でレンタカーを借りたのは10年程前なのですが、オアフの空港で返却するときに、「ここに新しくキズできてるぜ!」みたいなことをスタッフに言われました。もちろん傷つけた覚えはないし、最初からついてたものなので、「俺じゃない!最初からだ」みたいなことを必死でアピールして切り抜けました。この時から、レンタカー選びはいつも慎重です(笑)

 

安心して海外レンタカーを借りるには口コミを参考に

レンタカー比較

※Google map

 

僕はまずグーグルマップで口コミを参考にします。

MAPで利用店舗近くを表示して「rent a car」と検索すればOK!

口コミ内容や口コミ件数、口コミ評価などから総合的にチェックします。基本的に、口コミ評価が高くて、件数が多ければ基準クリア。

上の画像はラスベガス空港エリアの場合だけど、Budgetだけ評価が「3.1」と飛び抜けて低いのが分かります?口コミを翻訳ソフトで読んでもらえれば分かりますが、結構トラブってます。とはいっても、「3.1」とかならまだマシなので大丈夫と思いますが、僕の場合は、多少のお金がかかってもBudget以外の大手を探します。(これはラスベガス空港の場合で、バジェットの全部の支店が悪いわけではありません。今度イエローストーンでバジェットからレンタカー借りますし。)

日本人にも慣れている大手だと、Alamo(アラモ/評価4.5)・Hertz(ハーツ/評価4.1)あたりがいいですね。この2社に絞って、検索します。

 

アメリカで加入必須のレンタカー保険

 

国によって保険の種類は違うのですが、アメリカでは

自動車損害賠償保険(PP)・・・自動で付いている強制保険です。事故のときの最低限の補償です。

自車輌損害賠償補償制度(LDW/CDW)・・・車輌の損害を補償する保険です。

追加自動車損害賠償保険(LIS/SLI/EP)・・・対人対物を補償する保険です。

 

上記3つの保険には加入していることを必ず確認してください。アメリカでは強制保険だけでは不十分です。

最悪、人を轢いてしまったり、大きな事故を起こした場合、車両費だけではなく、損害賠償含め、何千万円もの債務を負う可能性があります。ですので、原則的に加入しておきましょう。

アメリカ以外でも、対人・対物に対する補償は、手厚い保険をかけておきましょう。

 

 

海外レンタカー比較サイトと公式ページ、どっちがお得?

カーズ・ルート66

※ルート66にはカーズ車輌がいっぱい!

 

こればかりは、借りる場所や時期、会社によっても違うので、比較してみないと分かりません。

お勧めは①比較サイトで検索して相場を把握する。②次に公式サイトへ行って、料金を比較します。

 

RentingCarz(レンティングカーズ)をお勧めする理由

 

比較サイト⇒【 RentingCarz(レンティングカーズ)

 

RentingCarz(レンティングカーズ)は、大手レンタカー会社を、車種クラス毎に比較してくれるので、大変便利です。

料金は変動性なので、閑散期やレンタル期間が長期であるほど、お得なプランが出てきます。逆に繁忙期でレンタル期間が短期の場合は、公式サイトのほうが安いこともあります。

RentngCarz(レンティングカーズ)お勧めのポイントとしては、

  1. 一括比較で見やすい、分かりやすい
  2. 日本払いと現地払いが選べる
  3. 問い合わせは電話とメールとチャットで対応
  4. 価格保証をしてくれる
  5. レンタル前なら無料でキャンセルできる(個別にキャンセル規定を確認してね)
  6. マイルが貯まる
  7. 格安プランからフルカバープランまで選べる

 

それでは実際に予約画面をみてみましょう。

下の画像は、ラスベガス空港のレンタカー会社を格安プランで検索した場合の一日料金です。

 

rentingcarz

※比較検索画面

 

上の画像では、dollerレンタカーが一番お得に見えます。

ただし、上の画像は格安プランの場合なので、カバーされている保険が頼りないです。アメリカなどでは、別途保険に追加加入することをお勧めします。

「最安プラン」の料金差は、doller(ダラー)とHertz(ハーツ)で20ドルくらいありますが、手厚い保険も付帯する「充実プラン」だと5ドルくらいしか変わりませんでした。

 

rentingcarz

※おすすめは充実プラン

 

おすすめは「充実プラン(プレミアムプラン)」です。最安プランに、たった12ドルアップで、追加自動車損害賠償保険(約15ドル相当)とガソリンを満タン返しにしなくて良い(約25〜30ドル相当)オプションが付いてきます。

【 RentingCarz(レンティングカーズ)

 

 

海外レンタカーを公式サイトで予約する

※Alamo公式ホームページ/投稿時点の情報です

 

海外レンタカーの公式サイトも、比較サイトよりも安い場合があります。特に、北米エリアでこの傾向は強いです。

注目は、保険やガソリン満タン返し不要など、全て込みの「オールインクルーシブ」プラン。

クレジットカードによる優待も行われていて、Alamoの場合、三菱UFJニコスカードを持ってたら、5〜10%お得みたい。

 

三菱UFJニコスカード優待プランで早速検索してみると、

アラモレンタカー

※Alamo公式ホームページ/投稿時点の情報です

 

上の一番安い車種の場合、24時間借りて72.9ドル。ガソリン満タン返し不要だから、実質45ドル(=5,000円)くらいなので、日本と同じくらいの水準。

 

今回の記事のような比較の場合、僕ならRentingCarzではなく、Alamoの公式サイトで予約します。

三菱UFJニコスカードを持っていなければ、割引がないので、それほど料金は変わりませんでした。

 

安心をお金で買いたい人は

レンタカー会社絡みのトラブルになるべく巻き込まれたくない人は、国内の大手旅行会社(H.I.S.など)を通じて、申し込むのもアリです。少々高くつきますが、個人でレンタカー会社に直接申し込むよりは、旅行会社を通したほうが安心でしょう。

 

現地レンタカー会社カウンターでの契約は慎重に

 

良く有りがちなトラブルは、現地で不要なオプションを契約させられたり、アップグレードを契約させられたり、任意保険を契約させらりするパターン。一度サインをすると、お金は返ってこないのでご注意を。

RentngCarz(レンティングカーズ)で「充実プラン」に入っていると、基本的には現地で支払うものは特にありません。とはいっても、税金が含まれていない場合があり、細かいものは請求されるかもしれません。あと、ロードサービスやGPSは必要であれば申込みをしましょう。

何が含まれていて、何が含まれていないかが分かるので、予約時に発行されるバウチャー(予約確認書)を印刷して、持っていくことをお勧めします。

 

 

アメリカ西海岸&グランドサークル12日間のレンタカー費用明細

 

どのブログを見ても、明細書まで公開していなかったので、掲載したいと思います。

ラスベガス空港貸出⇒サンフランシスコ返却の12日間(11月の閑散期)

僕たちは、なんちゃってオフロードも走る予定だったので、RentngCarz経由でAlamoのSUVを借りることにしました。(オフロードは保険対象外なので自己責任で)

Alamoは同じランクだったら、駐車場から好きな車を選べるので、FORDにしました。本当は、アメリカ感があるのでJeepが良かったのですが、運転席の視界が悪くて。

もちろん、広いアメリカ、クルーズコントロール付き(設定した速度で勝手に走ってくれる機能)です!

 

アメリカレンタカー

 

SUVは人気があってレンタル料が高いんですが、閑散期だったので安く、RentngCarzの現地払いで予約。

念のため、ロードサービスは安かったので現地で加入。現地で、ガソリン満タン返し不要プランを勧められ、断ったつもりだけど、入れられてました。もしかしたら、強制加入だったのかもしれない。

で、返却時に渡される費用明細はコレ。

 

アラモレンタカー明細

 

12日間、乗り捨て料はタダで合計530ドル(=約60,000円)オールインクルーシブで1日あたり45ドル。

オプションに加入したので、最初予約したときよりも111ドルくらい高くなりましたが、レンタカー会社によるトラブルやボッタクリにも遭いませんでした(笑)返却時も車体ノーチェックでした。

 

====レンタカー明細====

基本料金12日間・・・395ドル

【T&M(レンタカー1週間)236ドル+追加T&M(レンタカー5日分)159ドル】

CDW自動車輌損害補償制度、EP追加自動車損害賠償保険込プラン

ロードサービス費用・・・71ドル

ガソリン満タン返し不要オプション・・・40ドル

CRF(空港税)・・・11.21ドル

SALES TAX(消費税)・・・2.2ドル

COUNTRY TAX(国税)・・・2.24ドル

GOV FEE(州税)・・・7.19ドル

===================

 

フル保険、ガソリン満タン返し不要オプション込で、SUVが1日45ドルで借りれた計算になるので、かなりお得ですよね。ロードサービスは結果いらなかったですけどね。

2017年のアメリカは、ガソリン1リットル80円くらいで、燃費13kmだったので、4,000km走った僕たちは、ガソリン代が25,000円くらい。日本と違って高速代がほぼかかってないので、格安です♪

 

 

まとめ

ハワイでレンタカー

 

海外レンタカーをお得に予約し、レンタカー会社とトラブルに遭わないようにするには、

  • グーグルマップ等の口コミを確認する
  • 比較サイトと公式サイトを比べる
  • バウチャーを現地カウンターに持参する
  • 予約に含まれているものを把握する
  • 必要なオプションと不要オプションを予め理解しておく
  • サインする前に要チェック
  • 車輌チェックはスマホで動画撮影しておくと良い

以上7点を気を付けてくださいね。

アメリカの場合、日本みたいに高速料金がかからないし、ガソリン代が安いのもあり、レンタカーがあれば、お得に周遊でき、旅をより満喫できるでしょう。

僕たちのアメリカ西海外&グランドサークルの旅行記は、またの機会に書きますね。お楽しみに!

【 RentingCarz(レンティングカーズ)

 

よく読まれている記事

1

  マイルを貯め始めて約10ヶ月。その間に結婚し、愛する人とファースト&ビジネスクラスで世界一周新婚旅行に行くことになりました。しかも、航空券代は0円!なぜ、そんなことができるかといいますと …

2

  「マイレージ=飛行機によく乗る人が貯めるもの、クレジット決済で貯めるもの」というイメージがあるかもしれませんが、それは一旦忘れてください。 実はこの僕も、クレジットカードも人並みしか使わ …

3

  「世界一周に行こう!」と行っても、何から初めていいか分からないもの。そこで、旅の期間や予算から、実際のルート作りまでの手順を解説します。 この記事では、僕たちがマイルでファーストクラス世 …

バンコク マリオット ホテル スクンビット 4

  ハネムーンの旅行はラッキー?! 海外でハネムーンであることを伝えると、ホテルやレストランでサービスをしてくれることがあります。一例として、僕たちが新婚旅行で「バンコク マリオット ホテル …

グアムホテル 5

  ファーストクラス世界一周新婚旅行から帰ってきた僕たちですが、友だちから沢山聞かれることの一つに「ホテル予約」のことがあります。 僕たちはSPGアメックスによる特典を享受できるので、マリオ …

AMEXゴールドカード 6

  世界一周ハネムーンで数ヶ月海外を旅してきた経験を元に、クレジットカードの選び方をお伝えします。 海外旅行に何度も行く方や、長期の旅行、留学をされる方は、この記事を読めば10万円以上お得に …

-海外旅行ノウハウ
-,

Copyright© ハネムーンマイラー!マイルでファーストクラス世界一周新婚旅行 , 2018 All Rights Reserved.